ベッドで寝るのが好きな人がいれば布団を使うのが好きな人もいます。

布団と比較してベッドには優れた点があります。例えば床からの高さを確保できるので、睡眠中に空気中の埃を吸い込まずに済みます。さらに布団とは異なり上げ下ろしをする必要がありません。高齢者など寝起きの動作を楽にできるというメリットもあります。人間の体は立っているときに重力が真下に働きます。しかし横になると骨盤や胸部、頭部に重力を受けた状態になります。

柔らかいマットレスを使用すると、3箇所が沈み過ぎて不自然な体勢になってしまいます。不自然な状態が続くと腰痛などの原因になるので注意しなければなりません。市販されているマットレスには様々な種類があるので、比較検討しながら自分に合ったものを選ぶことが大切です。様々なマットレスの柔らかさについては、実際に現物を見て比較すると良いでしょう。インターネット通販で購入することも可能ですが、実際に現物に触れて比較する方が確実です。

マットレスは柔らか過ぎても問題がありますが、硬過ぎるのも良くありません。硬過ぎると睡眠中に体重で背中や腰がうっ血します。寝苦しくなって寝返りが多くなる傾向が見られます。以前は硬いベッドの方が健康に良いという説もありましたが、科学的な根拠はありません。睡眠時に無理な体勢が続くと、朝起きても疲れが取れていなかったり腰や肩などが重く感じることがあります。様々なマットレスを比較して、心地良いと感じられるものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *