人の良質な睡眠は、環境や寝る姿勢にも大きく影響されます。

しっかり寝たつもりでも、起きたときに疲労感や首肩のコリまたは昼間にいつも眠くなってしまうという方はそれができていない可能性があります。これを改善するためには、日常生活生活の改善と寝るまでの時間の過ごし方やその部屋の環境の他、寝具を見直す事が必要になります。寝具といえば、枕と布団と中でも全身を支えるマットレスが特に重要です。なぜなら、一番触れている面積が広いので自分にあっているものではないと長時間そこにいることは寝ていても逆に辛くなります。したがって、眠りが浅くなったり朝の疲労感に繋がってしまうということになります。

ではどんなマットレスが良いかと言うことになりますが、店頭に様々なものが並ぶ中で選ぶ際のポイントがあります。ただ、このポイントもその個人の間隔に頼るところが多いので、実際に横になってみて比較検討する必要はあります。まず、寝転がった際に立っていたときの姿勢が保てるかどうか、背骨がマットレスと平行になっているかで、これは他者に横から見てもらうとよくわかります。次に、仰向けになって深呼吸したときに違和感はないかです。

この時に、背中が押される間隔や深く息が吸いづらいとすれば合っていない可能性が高いと言うことになります。そして、体を預けてみて心地よいと感じられるかも比較するポイントになります。一日のうちで、比較的長い時間を過ごす寝具は明日の活動に大きな影響を与えますのでしっかり合うものを選ぶの事がとても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *