マットレスは種類によって寝心地がずい分変わります。

その人が心地良く眠れるものを選ぶことが大切ですので、購入する前に試すのは必須です。ただし、一晩寝てみないと分からないことも多いので、タイプ別の特徴を押さえておく必要があります。基本的に寝返りを打ちにくかったり寝苦しいと感じるものはNGであり、朝起きた時に疲労が抜けてない時も合っていない可能性があります。

実際にマットレスを比較する上で見たいのは、硬さや質です。硬過ぎるものは接触している部分に圧力がかかって血行が悪くなることがありますし、仰向けで寝ると腰に負担がかかることもあります。柔らかすぎるものは体が沈み込み過ぎてしまいますので、寝返りを打てなかったり息苦しさを感じたり、体が安定しなくて動きが多くなるために疲労が大きくなることも気になる点です。いずれにしても程良い柔らかさ、あるいは硬さなら問題ありませんので、程度の問題と理解しましょう。比較する上では質もチェックしたいポイントです。スプリングタイプのマットレスは硬めで通気性に優れていますが、揺れがやや気になる人もいます。

低反発と高反発はしばしば比較されますが、低反発の方が柔らかめで包まれる感じが心地良いと感じる人が多いようです。ただし、通気性は良くありませんので夏は寝苦しいかもしれません。高反発は適度な硬さを持ちますので、理想的な姿勢を保てます。気になる点は、価格が少々高めなところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *