寝具のマットレスを選択する場合は、クッション性の他に通気性も検討することがおすすめです。

通気性がいまいちだと、夏場は特に蒸れて寝心地が悪くなるので、適度な通気性を持つマットレスが狙い目です。おすすめなのはボンネルコイルタイプで、スプリングの間に詰め物がないことから、とても蒸れにくい寝心地が得られます。マットレスによっては、通気口を設けて風通しを更に良くしているので、こういう製品もおすすめできます。

ウレタンフォームタイプは、元々断熱材に使われるような素材ですから、寝具としては少し微妙なところがあります。コストの低さやクッション性は良好ですが、肝心の快適な寝心地については少々疑問です。夏でも部屋の温度が低めであれば、秋冬も暖かく快適ですから、条件つきでウレタンフォームのマットレスのおすすめが可能です。

ただし、柔らか過ぎると腰に負担が掛かるので、腰に不安を抱えている人は注意が必要です。比較的新しい、ウレタンフォームに代わる中空素材なら、通気性を保ちつつ良好なクッション性が手に入ります。長期耐久性は未知数な部分が大きいですが、快適な眠りを提供してくれる可能性は高いです。通気性をそこそこに程良いクッション性を得たいのであれば、ポケットコイルタイプのマットレスがおすすめとなります。ポケットコイルはスプリングが独立しているので、身体の凹凸に合わせて点で支えてくれます。通気性こそボンネルコイルに譲りますが、寝姿勢やクッション性に安定性などは、ポケットコイルの方が上回ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *