年収別にベッドの普及率を調べてみると、驚くことに年収が高いほど比例して普及率がアップしていきます。

やはり、布団に比べるとベッドのほうが高額ということが反映されているようです。また部屋のスペースの問題もあるかもしれません。年収が高いほど、家の広くなるのでベッドを置くスペースがありますが、家が狭いと上げ下げできる布団のほうがメリットが出てきます。

また、年齢別のベッドの普及率では、年齢が上がるにつれて徐々に普及率が上がり、40代から50代にかけてがピークとなって、その後徐々に普及率は下がっていきます。高齢になると布団の上げ下げが大変になってくるのでベッドのほうが便利なのですが、昔からの習慣で布団を使用しているというケースが多いようです。ベッドを購入するときには、マットレス選びが重要になってきます。見た目を同じようでも中身はかなり違います。

失敗してもすぐに買い替えるというわけにはいきませんので、慎重に選びたいところです。マットレスのランキングサイトが多数ありますが、主だったブランドは網羅されているのでまずは参考にしてみると良いでしょう。ランキングの信ぴょう性については、サイト運営者の主観による場合が少なくないので注意が必要ですが参考にはなります。また通販サイトなどの売り上げランキングでは、必ずしも品質の良いマットレスがよく売れているわけではありません。というのは価格が高くなるからです。この点も考慮しながらじっくり比較検討すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *