高級な羽毛布団を長く状態が良いままで使い続けるためにはクリーニングが欠かせません。

では、いつ、どのようなタイミングで行えば良いのでしょうか。羽毛は吸湿・発散性に優れているので羽毛布団のクリーニングはそれほど頻繁に行う必要はありません。布団カバーをかけることで中の汚れはある程度防げます。カバーの洗濯、交換と布団干しをしっかり行えば季節の変わり目ごとに布団自体を洗わなくても使い続けることができます。むしろ頻繁に洗いすぎることによって羽毛に負担をかけて寿命を縮めることにもなりかねません。

しかし、数年使い続けると寝ている時に身体から発散される油分や塩分が羽毛に蓄積してくるので羽毛布団のクリーニングが必要になります。羽毛の品質や使っている人の体質などによってそのタイミングは異なりますが、2年から5年使い続けたら状態をチェックして判断しましょう。布団を干しても「ふくらみが元に戻らなくなってきた」「暖かくなくなってきた」「羽毛が飛び出てきた」などと感じたら羽毛布団のクリーニングが必要となるタイミングです。

中の羽毛が汚れてきたり壊れてきたサインですので羽毛そのものをメンテナンスする必要があります。羽毛布団は適切なタイミングで適切なクリーニングを行うことで良い状態のままで長く使い続けることができるようになります。また、洗うだけではなく壊れた羽毛を取り除き新しい羽毛を加えることでさらに良い状態を保ちつづけることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *