羽毛布団は見た目が綺麗であっても、内部に汗やほこりが溜まりやすい性質があるので、定期的な洗濯が必要です。

しかし、頻繁な洗濯は中に入っている羽毛を傷めてしまうことがあるので、3年から5年程度のサイクルで洗うことが推奨されます。羽毛布団を洗う場合には、自宅の洗濯機で洗うほかに、クリーニングに出す方法があります。クリーニングに出すと、布団専用の洗濯機や乾燥機で洗ってくれることがほとんどなので、内部の汚れもなくなると同時に、乾燥も十分にしてくれます。

しかし、クリーニングに出すと、最低でも3000円程度の費用を負担する必要があります。また、自宅で羽毛布団を洗う場合、洗濯できたとしても、乾かすことが難しいです。十分に乾燥させなかった場合、内部の羽毛が腐ってしまったり、カビが発生することがあり、アレルギーや異臭の原因になります。羽毛布団を自分で洗う場合には、自宅の洗濯機ではなく、コインランドリーの使用が勧められます。コインランドリーでは、布団が洗えるほどの巨大な洗濯機があります。

また、乾燥機も十分な大きさをしているものがあるので、乾かすことにも困りません。また、自宅では布団を乾かしにくい、冬場でも乾燥機を使うことによって、十分に乾かすことが容易です。ただ、乾燥させすぎると布団を傷めてしまうので、注意が必要です。クリーニングに出すことによって、羽毛布団の洗濯はできます。しかし、自宅の洗濯機やコインランドリーを使用することで、より安く洗濯と乾燥ができます。
マットレスのおすすめのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *